エビ中、 秋田での初ワンマン「私立恵比寿中学秋田分校 はじめての学芸会!」は秋田尽くし!

エビ中、 秋田での初ワンマン「私立恵比寿中学秋田分校 はじめての学芸会!」は秋田尽くし!

小林歌穂(出席番号11番)がラジオ番組の準レギュラーをつとめるABS秋田放送主催の学芸会(ワンマンコンサート)『私立恵比寿中学秋田分校 はじめての学芸会!』が、9月22日 (火・祝)<秋田市文化会館 大ホール>にて行われた。

エビ中の同地でのワンマン公演は初。

開演に先立ち、同公演のレポートに来たという、秋田放送入社2年目の関向良子アナウンサーがステージ下手より登場。

「(私立恵比寿中学)秋田分校の生徒会長さんにお話を伺いたいと思います」のくだりから生徒会長の小林(歌穂)が登場し、「元気に歌う、立派な稲穂と書きます」と自己紹介。
関向アナから秋田で初めて学芸会を行う気持ちを聞かれた小林は、「心臓が飛び出しそうなくらい、は、は、ハカハカしてます!」と答え、「生徒数はすぐねーども、ひとりひとりが10人分の力を発揮して盛り上げます」と秋田弁全開で意気込みを語り、「これより私立恵比寿中学 秋田分校 初めての学芸会を開会します!」と高らかに宣言。

暗転の中、幕が上がるとステージ中央に設置された勇ましい和太鼓のリズムに合わせて、客席後方から「なまはげ」が練り歩きながらステージに登場。ファミリー(ファンの総称)も予想だにしない演出に度肝を抜かれた。

ステージに登場した、彼ら「なまはげ郷神楽」による迫力の和太鼓パフォーマンスに観客からは大きな拍手が沸き起こった。

続くおなじみのebitureも「秋田なまはげvers.」として和太鼓がフィーチャーされ、この日の1曲目「大漁恵比寿節」では和太鼓に加え、メンバー後方に「なまはげ」が仁王立ちという異様な光景で観る者を圧倒した。

この日のMCは、メンバー全員が秋田方言で行うという徹底ぶりだったが、要所要所のMCでは、まさにこの日ならではの演出が盛り込まれた。

2回目のMCでは、「私立恵比寿中学 秋田分校」の同級生として、秋田県を活動拠点とする7人組アイドルグループ「pramo」が登場。
生徒会長の小林歌穂をフィーチャリングし、彼女たちの代表曲「Peaceful world~ 秋田の戦士きりたんぽ~」をパフォーマンスすると、その返礼として「エビ中 meets pramo」の総勢15名による「えびぞりダイアモンド!!」で応戦。

また次のMCでは、「秋田分校 購買部」として、秋田県で30年以上にわたり地元に愛され続ける老舗の製パン・洋菓子の製造会社「たけや製パン」の人気商品を食レポ。
冒頭で登場した秋田放送の関向アナを交えて、ステージ上でパンを食するというシュールな演出が見られた。

DSC01366さらには「民謡会のサラブレッド」と名高い、秋田県出身の「浅野江里子」さんを招き入れ、秋田県の代表的な民謡のひとつ「ドンパン節」 を教わるという一幕に加え、最後は、小林が準レギュラーをつとめるABSラジオ「タマリバ」(毎週金曜22:00~23:00放 送)で共演の呼び掛けに応じてくれた、地元「秋田県立大曲高等学校」合唱部と、「幸せの貼り紙はいつも背中に」をスペシャル・ ヴァージョンで披露した。

まさに「秋田尽くし」の演出で、約2時間にわたる「私立恵比寿中学 秋田分校」 のパフォーマンスは、計20曲を数え、最後は、この日出演した「秋田ALL CAST」による「頑張ってる途中」で、初の秋田での学芸会(ワンマン) は幕を閉じた。

この後 エビ中は10月21日 にメジャー9枚目となるニューシングル「スーパーヒーロー」を発売、年末12月12日(土)、13日(日)には<さいたまスーパーアリーナ>での年忘れ大学芸会(ワンマンコンサート)を控えている。

セットリスト

『私立恵比寿中学 秋田分校 はじめての学芸会!』
2015年9月22日(火・祝)
open 16:00 / start 16:30

DSC00358SE ebiture(秋田なまはげvers.)
01.大漁恵比寿節(with なまはげ郷神楽)
MC
02.出席番号の歌 その2
03.エビ中一週間
04.チャイム!
05.金八DANCE MUSIC
MC
06.Peaceful world~秋田の戦士きりたんぽ~/pramo with 小林歌穂
07.えびぞりダイアモンド!!/エビ中 meets pramo
MC
08.キャンディロッガー
09.仮契約のシンデレラ
10.ハイタテキ!
MC
11.禁断のカルマ
12.アンコールの恋
13.キングオブ学芸会のテーマ~Nu Skool Teenage Riot~
14.ちちんぷい
MC
15.手をつなごう/エビ中 with 浅野江里子
16.PLAYBACK
17.スターダストライト
18.使ってポートフォリオ
MC
19.幸せの貼り紙はいつも背中に/エビ中 with 大曲高校合唱部
20.頑張ってる途中/エビ中 with 秋田ALL CAST

私立恵比寿中学 プロフィール

2009年8月結成、スターダストプロモーション芸能3部に所属する平均年齢16.2歳のアイドルグループ。 通称「エビ中」。
「King of 学芸会」の異名を掲げ活動中。2012年5月5日「仮契約のシンデレラ」でメジャーデビュー以後、全シングルがオリコントップ10入りを記録。6月17日にリリースした メジャー8枚目となるニューシングル「夏だぜジョニー」は、オリコンウィークリーランキングで自身最高位となる2位を記録。今年3回目の開催となった大型野外コンサート「エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in 長岡2015」を大成功させ、年末にはエビ中史上最大規模となるワンマンコンサートを、さいたまアリーナにて2DAYS開催することが決定している。
アリーナクラスのコンサートから、夏の単独野外フェス、各メンバーのバラエティ、映画、舞台、モデルなど多岐に渡る活動で、「ブレイク必至」の存在として注目を浴びている。

オフィシャルサイト:http://www.shiritsuebichu.jp/

なまはげ郷神楽 プロフィール

郷土へ強いこだわりを持ち、熱いライブは、観る者の魂を揺さぶる。
幅広い年齢層にファンを持ちつつも、性別を越え、国境を越え、ジャンルを越え、”規格外”のパフォーマンスを展開している。田舎の、砂利の駐車場が、ストリートライブの原点。
2004年には、『ソウルドラムフェスティバル』において、人気投票第1位を獲得。 2010年フランス公演。
2012年マレーシア公演。現在も、世界中を疾走し続ける。

pramo プロフィール

秋田在住の中学1年生から高校3年生までのアイドルグループです。歌やモデル活動、司会・MC、メディア出演など「地元愛」をコンセプトに地域に密着した活動をし、秋田県民の憧れとなり地域活性化の手助けをする事を目的としています。 主に秋田で活動をし、将来的には東北や全国にも視野を広げていきたいと考えています。

浅野江里子 プロフィール

「民謡 名人位」の浅野梅若さんを祖父に、また、「民謡日本一」の浅野和子さんを母に、そして、三味線と尺八の伴奏家・梅若梅貢さんが父という民謡一家に生まれ育ち、祖父母の影響を受け、4歳から民謡を唄い始める。
昨年11月には、男鹿市民文化会館で行われた「秋田船方節全国大会」において優勝、12ある秋田民謡全国大会の内、7つ目のタイトルを手にした。ちなみに初優勝は平成13年の「秋田馬子唄」。  
今では唄だけでなく梅若三姉妹のまとめ役として司会にも力を入れている。

■9th Single「スーパーヒーロー」

【初回生産限定盤A】SECL-1788 ¥1,200
M1.スーパーヒーロー(作詞:YuReeNa 作曲:kzm 編曲:CHOKKAKU)
M2.タイトル未定A
+Less Vocal ver.収録(予定)

 

0909_03_SMER_CD_BLH14_恵比中_初回B_ol【初回生産限定盤B】SECL-1789 ¥1,200
M1.スーパーヒーロー(作詞:YuReeNa 作曲:kzm 編曲:CHOKKAKU)
M2.キラキラネスキラネス(作詞・作曲:後藤まりこ 編曲:オオルタイチ)
+Less Vocal ver.収録(予定)

 

 

0908_SMER_CD_BLH14_恵比中_通常_2

【通常盤】SECL-1790 ¥1,200
M1.スーパーヒーロー(作詞:YuReeNa 作曲:kzm 編曲:CHOKKAKU)
M2. こりゃめでてぇな(作詞・作曲:さつき が てんこもり 編曲:colate)
+Less Vocal ver.収録(予定)

 

 

※LINE公式アカウントにて「エビ中 秘密のサイト」開設!
LINE公式アカウントにて「エビ中 秘密のサイト」が開設されました。いったい何が待っているのでしょうか?詳細は、私立恵比寿中学LINE公式アカウントまで!

イベント スケジュール

■TOWER RECORDS presents Bowline 2015 curated by クリープハイプ & TOWER RECORDS
2015年9月27日(日)@幕張メッセ 国際展示場9-11 ホール

■ ユニコーン EBI50祭“海老乃大漁祭”
2015年10月2日(金)、3日(土)@パシフィコ横浜

■ めざましテレビ presents「T-SPOOK~TOKYO HALLOWEEN PARTY~」
2015年10月24日(土)、25日(日)@東京・台場周辺エリア
※※エビ中の出演日、詳細は決定次第お知らせ致します。

■ 年忘れ大学芸会2015(ワンマンコンサート)
2015年12月12日(土)、13日(日)@さいたまスーパーアリーナ