SUPER☆GiRLS 赤坂BLITZワンマンライブ成功!新曲をサプライズ発表し、センターはあの”童顔巨乳”!!

20160928_ks_02764

エイベックス初のアイドルグループ”SUPER☆GiRLS”が、9月29日(木)赤坂BLITZにて、ワンマンライブ「SUPER☆GiRLS スーパーライブ2016 ~STARTING~ @AKASAKA BLITZ」を行った。

SUPER☆GiRLSは、6月25日に行われたライブにて、新メンバー5名を迎え、グループ史上最多となる14人にて活動中で、8月31日には、14人での初シングル「ラブサマ!!!」をリリースし、オリコンウィークリーシングルランキングにて、AKBに続き2位を獲得。

メンバー個人でも、ドラマ出演や、雑誌の表紙を飾ったり、映画出演が決まっていたりと、活躍目覚ましい彼女たち。

そんなSUPER☆GiRLSは、赤坂BLITZでのワンマンライブを行い、満員となった会場は、始まる前から14人での”第3章”初のライブに、多くのファンの期待で、熱気で包まれた。映像が流れ、次々とメンバーがステージに登場。

1曲目から、8月31日に発売した「ラブサマ!!!」を披露し、続いて「プリプリ?SMMERキッス」、「イッチャって♪ ヤッチャって♪」、「MAX!乙女心」とスパガ定番のアッパーチューンが続き、ファンのボルテージは、ライブ開始早々に一気に爆発。

続いて、今回加入した新メンバー5人による楽曲「恋は初心者マーク」が披露されステージは、一気にフレッシュさに溢れた。

その後、スクリーンには、6月25日に加入した新メンバーの加入前から初めての夏を追ったドキュメント映像が流れた。14人の顔合わせなど見たことのない場面などが流れ、ファンにとって必見の映像となった。

そして衣装を変えたメンバーが再びステージに登場すると、「女子力←パラダイス」「ギラギラRevolution」「赤い情熱」などを含む、盛り上がり必至の楽曲がいくつか披露され、会場の盛り上がりも最高潮に。

すると、先程に続く新メンバーのドキュメント映像が流れ、この夏、新メンバー5人のみで行ったツアーの様子などが放送され、新メンバー5人のそれぞれの成長を見ることができた。

そしてライブ中盤に、12月21日に発売する新曲「恋☆煌メケーション!!!」(コイ・キラメケーション)をサプライズで発表し、初披露。

新曲のセンターは、”1000年に1度の童顔巨乳”で話題の、浅川梨奈(あさかわ なな)。浅川は、グラビアで多くの青年誌の表紙を飾っていることに加え、12月24日公開の映画「14の夜」の出演もきまっており、活躍目覚ましい。

先日、公開された「14の夜」の予告映像では、ピンクのタンクトップから、浅川演じるメグミの胸元がのぞく場面でスタート。ヤンキー役で、途中「揉めよ!」と叫ぶなど、刺激的なシーンが続き、話題となっている。

そんな話題の浅川が、センターの新曲「恋☆煌メケーション!!!」は今後、ライブを盛り上げる1曲になっていくであろう、アッパーチューン。

MCにて浅川が、「1ヶ月前に新曲発売して、もう次の新曲ですと!」と話し始めると、志村も「SUPER☆GiRLSの勢いが止まらないね!」と続き、「この夏で、沢山の方にSUPER☆GiRLSを知ってもらったので、この勢いで新曲を発表しちゃおうということで、披露させて頂きました!」と話した。

そしてリリースの翌日である、12月22日はメジャーデビュー6周年記念日。この日は、日本橋三井ホールにて、ライブが開催される。この勢いのまま、2017年へ突入し、オリコンチャート1位を目指すことを高らかに宣言した。

そしてライブは、後半戦へ。

全部で、17曲を披露し、ライブは最高潮の盛り上がりのまま終了。

お客さんからのアンコールを受け、再びステージへ登場。「Be with you」、「みらくるが止まンないっ!」の2曲を披露し、SUPER☆GiRLS、”第3章”初となるワンマンライブは、最高の形で幕をおろした。