これが新しい慶應ミ​スコン! 現役慶應生からOGまでも参加するmiss KJ contest2017が開催!

2017-06-02[タグ:
801_KO[1]

未来の”タレント”をプロデュースするメディア「KJ」(旧 慶應ジャーナル)は2017年6月1日(木)に、現役慶應女子大生、OGのトップを決めるミスコン「Miss KJ Contest 2017」を開催する。

現役慶應生、慶應OBOGへの認知力を強みとする、慶應NO.1エンタメサイトのKJと、日本のエンタメ業界最大手のavex、および生配信、仮想ライブ事業で急成長するshowroom、stagerliveに後援を受けての開催となる「Miss KJ Contest 2017」。

「アナウンサー、モデル、女優などメディアや芸能界に興味をもつ慶應女性の背中を押してあげたい。」というKJ代表の思いから今年度の開催が実現した。

50名を超える候補者の中から書類審査、面接を経て、ファイナリスト6名が選出された。

上記写真 左から
no.1 岩崎果歩 (慶應義塾大学2年)
no.2 齊藤初音(慶應義塾大学4年)
no.3 鈴木希(慶應義塾大学4年)
no.4 千葉佳織(塾員OG)
no.5 荒木毬菜 (塾員OG)
no.6 坂口莉果子(慶應義塾大学3年)

本日6月1日より公式サイトが公開され、12月2日に原宿アストロホールで行われるフィナーレまでの約6ヶ月間ファイナリストとしての活動を行う。

ファイナリストへの投票は公式サイトから毎日一票投票が可能となっており、コンテスト期間中に行われる動画配信や様々なイベントでの投票なども考慮した総合得点に基づいてグランプリを決定する。

昨年はフィナーレ直前に悔しくも中止となってしまったミス慶應コンテスト。

アナウンサーの登竜門としてエンタメ業界を志望する学生に向けて、慶應生の新しいミスコンが花開いた。

KJ(元慶應ジャーナル)は2003年より大学の非公認団体として活動を開始し、2005年よりミス慶應およびミスター慶應、ミスSFCコンテスト、ミス慶應薬学部コンテストのファイナリストインタビュー、プロモーションサポートを行う。 2012年より公認団体として活動し、現在は独立団体を経て、慶應生、OB等によって構成、運営される外部団体として活動を行っている。

Miss KJ Contest 公式サイト
http://miss-kj.com/

未来のタレントをプロデュースするメディア『KJ』
URL: http://keio-j.com

公式Twitter https://twitter.com/keio_journal @keio_journal

公式facebook https://www.facebook.com/Keiojournaluserpage/